スポンサーサイト

  • 2018.12.23 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スプレー缶の在庫は240本超

    • 2018.12.23 Sunday
    • 14:31

     札幌市豊平区にある不動産仲介会社で発生した爆発事故で、原因となったスプレー缶の在庫が2倍以上あったそうです。

     事故が起きたのは、アパマンショップの平岸駅前店。管理物件の消臭と殺菌のために使うはずだったスプレーを、実際には使っていなかった事実を本社に隠蔽するため、社内でガス抜きをしている最中に起きたもので、120本のスプレーを閉め切った室内でガス抜きしていました。しかし、在庫のスプレーはその倍、約240本あったと言う事です。

     使用済みのスプレーは本社が回収、本社で一括に廃棄処分されることになっていましたが、中身が入ったままでは殺菌・消臭作業をしていないことがバレてしまうため、社内で一生懸命貯まったスプレーのガス抜きをしていたという、まるで夏休み最後の日に慌てて宿題を始める小学生のような、「悪いことは出来ない」を絵に描いたような話です。

     迷惑なのは、巻き添えを食った周囲の人たちで損壊した建物は39棟に及び、負傷者は52名。死者が出なかったのは奇跡としか言い様がありません。

     しかし、240本もよくためたものです。一体物件何棟分を何ヶ月分ためていたのか?。